ちっちぇ〜 ホリパッド ミニ64

 ホリ電機のNINTENDO(ニンテンドウ)64用コントローラー。
マジでコンパクトな【 ホリパッド ミニ64 】。

64 hori pad.jpg

任天堂の純正品と比較して、明らかに ちっちぇ〜コントローラー。
グリップも左右2本だけになり、スッキリ&コンパクト。
アナログスティックの操作感も柔らかくて、良い感じになったのと
Zボタンが L、Rボタンの下に配置され2個になった以外は
純正コントローラと変わらない。

欠点らしい欠点はないけど
Zボタンの配置が変更されているので
本家のコントローラーに慣れている人は、その点だけ注意しよう。

 ◎ 最後に一言

 ホリパッド ミニ64とは

使用感も申し分なく、持っていても損はないアイテム。
ただ、ゲーム機自体マイナーなのはご愛嬌。
でかいコントローラーに辟易している人はどうぞ。

N64用 コントローラパック

 NINTENDO64の外部記憶メモリ。
コントローラの拡張コネクタへ接続して使用する。

64 controller pak.jpg

コントローラパック対応のゲームソフトであれば
ゲームのデータをセーブ可能。
メモリをブロック単位に分割し、1ブロックを1ページと呼ぶ。
お子様にも分かりやすいように
ノートに書き込む意味で使われているのでしょう。
なお、全部で123ページ分データを保存できます。

 ◎ 最後に一言

 コントローラパックとは

対応ソフトは限られているけど
これ1本で複数のゲームをセーブできる。
しかし、リチウム電池でバックアップされているため
遅かれ早かれセーブデータは消失する・・・南無阿弥陀仏。

N64用 振動パック

 NINTEDNDO(ニンテンドウ)64の
コントローラーに挿して使う周辺機器【 振動パック 】。

64 shindou pak01.jpg

振動パック対応のゲームソフトで使用可能。
機能させるには、単4乾電池を2本セットする必要あり。
軸に左右非対称のオモリを付けたモーターを内部に組み込み
モーターの回転により振動を起こす。
これが どのメーカーの振動機能付き製品でも共通のメカニズム。

 ゲーム中に、プレイ内容に合わせて
コントローラーをブルブルッと振るわせるために使う物。
最初は、新鮮な感覚でゲームを楽しめるけど
そのうちに振動に慣れてしまう。
慣れてきたら、わざわざコントローラーの重量を
重くしてまで使いたいと思うだろうか?
・・・・・そこは人それぞれだろうね。

 ◎ 最後に一言

 振動パックとは

コントローラーを振動させる事で
ゲームの臨場感を増す効果を期待して作られたアイテム。
だが 他社の振動機能付き製品と比較すると
どう考えても電池を消費するのは、納得がいかない気がする。

ピカチュウ NINTENDO 64

 ピカチュウ人気(当時)も、ついにここまで来た
NINTENDO 64 ピカチュウバージョン 】見参!!
価格は14.000円なり。

nintendo64 pikachu.jpg

横幅が広くなりデザインも一新。
オレンジ&イエロー、ブルー&イエローの
2色の本体カラーをご用意。
電源スイッチをポケモンのモンスターボールに
そして、ピカチュウの足がリセットボタンになり
電源を入れるとホッペが赤く光るピカチュウN64。

これはこれは、お子様も大喜び!?

 上記以外は、普通のN64と同じで変わりなし。
ピカチュウバージョンが出たところで
N64の販売促進にどれだけ効果があったのだろうか?
どちらにしても、ゲーム機はソフトが命。
出来の良い面白いゲームを供給できるか、否かが
普及の鍵を握っているのは言うまでもないかな。

NINTENDO 64

 スーファミの後継機として、1996年に任天堂から発売された
64ビットCPU搭載のゲーム機 【 NINTENDO 64 】。
価格は25.000円なり。

nintendo64.jpg

N64の特徴と言えば
4つのコントローラーポートを持ち、最初から多人数プレイに対応。
光学ディスク全盛時代に、敢えてROMカセットを採用。
コントローラーの3Dスティックによるアナログ操作。
だいたい、こんなところでしょう。

そして、個性的な3本のグリップを持つ外観の
64専用コントローラーがこちら。

64 pad.jpg

十字ボタン、3Dスティック、スタートボタンに
A、Bボタンと上下左右に分割されたCボタン。
さらに、L、RボタンとZボタンを配置。

ちなみに、3Dスティックは壊れやすいため
もしも、中古でN64のコントローラーを購入する場合は
3Dスティックが壊れていないか、しっかりと確認が必要。
(スティックがへたってグラグラしているのを時々見かける)

 N64専用ソフトは低年齢層向けが多く
お子様には人気を博したゲーム機。
だが、ROMカセットを媒体としたため容量が少なく
CD-ROM機が得意とした、まるで映画を思わせるような
ムービーによる演出は苦手。
あくまでも、ゲームの面白さで勝負を仕掛けた
任天堂の心意気は買いますけどね。

結局、発売時期が遅かったのが命取り。
さらに、ROMカセットに固執したのも、ツキに見放された一因か。
優秀なゲームソフトも排出したものの
先行していたプレステに太刀打ちできず
ゲーム業界の首位に返り咲く事はできなかったのでした。

決して悪くはないゲーム機ではありますが
ゲームソフトの少なさがネックになりそう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。