PC−FX の記事一覧


萌え尽きたPC−FX

 次世代機戦争が勃発した1994年の最後にデビューした
32ビットCPU搭載ゲーム機【 PC−FX 】。
NECホームエレクトロニクスより発売
価格は49.800円なり。

NoImage.gif

 家庭用ゲーム機初の縦置きデザインが新鮮なPC−FX。
動画再生機能の標準装備が特徴で、これを生かしたゲームソフトも登場。
しかし、ポリゴンを使った3Dの表示機能が搭載されておらず
旧来から変わらない2Dの画像処理しかできなかったため
必然的に開発されるゲームソフトに偏りが生じます。

PC−FXの先代である、PCエンジンのお家芸だった
アニメ調ビジュアルを受け継ぎ、これが本機のセールスポイントでした。
この点では動画再生機能が威力を発揮したものの
ギャルゲーなどの特定のジャンルに特化したゲームマシンとなってしまいます。

 万人向けするゲームを出すことができず、2D専用マシンだったPC−FXは
当然、3Dゲームが徐々に主流になりはじめていた時代の波に乗れるハズがありません。

ヒット作のゲームに恵まれない → 本体が売れない → さらにゲームが開発されない。
まさしく負のスパイラルに突入したPC−FXは
さらにギャルゲー路線を強力にプッシュしていく羽目に。
特定のジャンルで、特定のユーザーのみを対象とした狭い市場だけでは
生き残ることは到底 不可能であり、ここでPC−FXの運命が決定したのでした。
タグ:ゲーム PC-FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。