ゲームギア用 ビッグウィンドーII

 ゲームギアの数少ない周辺機器の1つ【 ビッグウィンドーII

gg bigwindowII.jpg

倍率 1.5倍のレンズが付いており
ゲームギアの画面を拡大するために使用する周辺機器。
本体の裏にネジ止めした後、針金状のパーツを引っ掛けて固定します。

 ただでさえ大柄のゲームギアに、ビッグウィンドーIIを取り付けると
「 これでも携帯ゲーム機か? 」と思えるくらい大きくなってしまいます。
しかし、ビッグウィンドーIIが外光を遮断してくれるので
液晶画面が見やすくなって大助かり。
もちろん画面も1.5倍大きく映るのでさらに見やすいです。

 ◎ 最後に一言

 ビッグウィンドーIIとは

ゲームギアの液晶画面を拡大してくれるアイテムなんだけど
ここで気になる点が一つ。
画面の見やすさを重視するか、携帯性を重視するか。
とは言っても、ポケットには入らない大きさのゲームギアは
元々 携帯性はあまり高くないので大きな問題ではないかも?
画面の見やすさ重視なら迷わずゲームギアと合体だ。

ゲームギア

 セガより1990年に発売された携帯ゲーム機が【 ゲームギア 】。
当時の価格は19.800円なり。

game gear.jpg

カラー液晶の採用と別売りのテレビチューナーパック(12.800円)を取り付けると
テレビも見られるのがセールスポイント。

モノクロ液晶のゲームボーイに対抗して、セガが送り出した刺客?
売りのカラー液晶も、ゲームギアの価格高騰、消費電力の拡大を招く結果となります。
単3乾電池を6本も使用して3時間程度しか使えずユーザーは大弱り。
屋内で使う時は、ACアダプターの使用が無難でしょう。
(ACアダプターはメガドライブ用が使えます。)
また、肝心の液晶画面は残像が出やすく、決して見やすい画面とは言えないものでした。

 本体サイズも携帯ゲーム機としては大きかったゲームギア。
ヒット作もそこそこリリースされたけど
価格の高さを押してまで購入する奇特な消費者は多くはなかった。

後に低年齢層をターゲットにした【 キッズギア 】を発売。

kids gear.jpg

キャラクター色を強めた戦略でしたが、セガの健闘もここまで。
携帯ゲーム市場からの撤退が決定となりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。