セガ マスターシステムとは

 セガが3番目に発売したゲーム機、セガマークIII。

ファミコンに追いつき追い越せと、色々と知恵を絞り頑張った結果
3つの周辺機器を次々と 世に送り出しました。

1 FMサウンド ユニット
 当時のゲーム機は、PSG音源しか搭載しておらず音が貧弱。
 そこで ゲームの音楽や効果音を、美しい音色で奏でるために
 FM音源に着目し、外付けのユニットを開発。
2 3Dグラス
 3Dの立体映像ゲームソフトを プレイする時に
 マークIIIに接続する、3Dアダプターと3Dグラスのセット。 
3 ラピッドファイアー ユニット
 マークIII 本体と、コントローラーの間に挿せば
 連射機能を追加できる。

 さあ、ここで 想像していただきましょう。
3つのアイテムを装備した セガマークIIIの姿を。

本体の上に乗っかったFMサウンドユニットと
カードスロットを塞ぐ3Dアダプター。
ラピッドファイアー ユニットの先につながれたコントローラー。

 想像できましたか?

ゴテゴテのデコボコになってしまい
まったくスマートさに欠ける 雑多なゲーム機の姿がそこに・・・・・。

そこで 1987年に
これらの周辺機器を内蔵させてグレードアップした
セガ マスターシステムの誕生です。
続きを読む
タグ:ゲーム セガ

立体映像を楽しめ! 3Dグラス

 その昔 ゲームには、立体映像を楽しめるものがありました。
テレビ画面からゲームの背景やキャラクターが
飛び出して見えるのがセールスポイントで
視覚的には なかなかイケてました。

以前、任天堂の「 3Dシステム 」を紹介しましたが
今回は、ライバルに負けまいと健気に対抗していた
セガから発売された【 3Dグラス 】を取り上げます。

「 夢の立体ゲームワールド 」
ああ、このキャッチコピーが泣かせてくれます。

sega mark3 3Dglasses.jpg

ファミコンの3Dシステムと比べて、デザインが良くなりました。
小粋ですねぇ、サングラスにしか見えませんよ。
・・・・・コードがぶら下がっている以外は。

続きを読む

マークIII用 連射装置

 こちらも マークIIIの周辺機器です。

セガマークIIIは、本体と コントローラーのどちらにも
連射機能は備わっていませんでした。

そこで、セガは考えます。
ゲームで連射機能が使える周辺機器を作ろうと!

そうして 出来上がったのがこちら。

sega mark3 rapid fire.jpg

ラピッド ファイアー ユニット

続きを読む

マークIII用 パドルコントローラー

 セガマークIIIの周辺機器を紹介します。

パドルコントローラー 】対応のソフトは少なかったけど
そこそこ使い込んだので愛着があります。

sega mark3 paddle controller02.jpg

左側の大きなツマミは、左右に回転するようになっていて
回転させた量に応じて、ゲーム内のキャラを左右に動かせます。
つまり、アナログ入力になっていて
ブロック崩しなどの 左右にだけ動かせればよいゲームに
利用価値があるわけです。

続きを読む

マークIII用 ホリコマンダー

 今回は セガマークIIIのコントローラーを紹介しましょう。

sega mark3 hori commander.jpg

ホリ電機から発売された、【 ホリコマンダー 】です。
当然のように 連射機能を搭載しております。

連射スイッチはスライド式になっていて
スイッチが右に行くほど、連射スピードが速くなります。

続きを読む

セガマークIIIとは

 1985年に セガが発売した家庭用ゲーム機。

当時 先行していたファミコンよりも
1ランク上のグラフィック能力を持ち、性能面では勝っていたものの
リリースされるゲームソフトが、ほとんど自社(セガ製)だったため
ソフトの数は圧倒的に少なく、苦戦を強いられます。

魅力的なソフト、ヒット作も何本か登場して 話題になりましたが
任天堂の牙城を崩すまでには至りませんでした。

sega_mark3.jpg

白を基調とした配色で、本体の左右にジョイパッド(コントローラー)を
乗せられるようになっており、ここはファミコンと共通ですね。
また、マークIII本体に ポーズボタンを配置するという
ちょっと お茶目な? 仕様になっています。

続きを読む
タグ:ゲーム セガ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。