GC用 ウェーブバード

 任天堂純正のゲームキューブ用ワイヤレスコントローラ
【 WAVE BIRD (ウェーブバード)】
もちろん Wiiでも問題なく使用可能。

gc wavebird01.jpg

無指向性の無線通信方式で受信可能な距離は約6mまで。
この範囲内ならコントローラの向きに関係なく
自由なスタイルでゲームの操作ができるのがワイヤレスならではの長所。
また、少々の遮蔽物にはびくともしないのも無線通信だからこそのメリット。

 電池を収納するスペースを確保するため
従来のゲームキューブコントローラより
ボディを下方向に伸ばした外観をしています。
パワースイッチとチャンネルスイッチ(1ch 〜16ch)が新たに追加。
その他のボタンは従来通り
A、B、X、Y、L、R、Z、スタート
十字ボタン、コントロールスティック、Cスティックを装備。
なお、遊び終わったらパワースイッチの切り忘れに注意しよう。

 ウェーブバードのレシーバー(受信機)

gc wavebird02.jpg

ゲームキューブのコントローラポートに接続したら
チャンネルスイッチをワイヤレスコントローラと
同じチャンネルに設定する必要があります。

 コントローラ本体に単3アルカリ乾電池2本使用。
電池寿命は、約100時間と十分な稼働時間を確保していると言えるでしょう。
これは振動機能を削除した恩恵もあると思います。
また、稼働時間は半減するけど
ゲームボーイアドバンス用のバッテリーパックも使用可能で
こちらを使用すれば電池代の節約になります。

なにしろワイヤレスは電池代もバカになりません。
特にWiiリモコンの場合は、なおさら凄い事に・・・・・。
充電式のバッテリーが使えるに越した事はないでしょう。

 各ボタンの操作性は
ケーブル付きのゲームキューブコントローラと全く変わらないので
違和感なく安心してゲームに集中できます。

 ◎ 最後に一言

 ウェーブバードとは

プレイヤーは煩わしいケーブルから開放された
開放感を満喫できること請け合い。
振動機能が無くなったものの、それは些細な事に過ぎず
ゲームキューブ または Wiiで快適なゲーム環境を提供する
役目を立派に果たせるアイテム。
店頭で発見したら、即 ゲットすべし。
この記事へのコメント
CYBER・フタ(Wii用)とウェーブバードの同時使用は原則的にはできないことになっていますが、非純正の延長ケーブルを繋ぐことでこの問題を回避出来ます。

CYBER・フタ(Wii用)
http://home.cybergadget.co.jp/products/4544859007392.html
Posted by daiki at 2013年06月06日 22:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96729682
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。