GC用 振動連射コントローラ

 NINTENDO ゲームキューブ、または Wiiでも使える
振動連射コントローラ

gc sindourensya controller.jpg

ホワイトを基調としたボディに、グレーのアクセントが利いたデザイン。
任天堂純正コントローラと同じボタン配置にプラスして
Lボタンの隣に連射機能をON、OFFできるスペシャルボタンと
アナログスティックの感度を3段階に調節可能な
アナログ感度切り替えスイッチ付き。
また、左右のグリップは下部だけラバーグリップになっていて
使う者にソフトな握り心地を与えてくれます。

 コントローラを使用する時、最も重要な操作性についてですが
2本のアナログスティックと方向ボタンは
純正品と同様な操作感を持っており合格点をあげられます。
同じくアナログのL、Rボタンも似たような操作感覚であり
純正品を使い慣れている人でも違和感は無いでしょう。

しかし、残念ながら A、B、X、Y ボタンは
押した感じが硬めで(特にBボタン)ボタンを押す量も多い(深い)です。
連射機能付きで自力で連射する必要は無いとはいえ
自分の指で連射するには辛い硬さ(特にBの野郎)と深さがあります。

さらに、Z、スペシャルボタンの2つは
さらにその上をいく硬さなので、チョッと大げさに表現すれば
「本気でボタンを押すぞ!」ぐらいの心構えで押す必要がありそう。
最終的には各人の好みとゲームのプレイ環境で評価が変わってくるけど
個人的には もう少し何とかしてほしかった。

 ◎ 最後に一言

 振動連射コントローラとは

ボタンの硬さが気になるのが難点だけど
どうしても連射機能が必要なゲームをプレイする場合には
何だかんだとケチを付けても、重宝する物かもしれない。
逆に連射が要らないゲームなら出番が回ってこない可能性大。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/78244216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

ニンテンドーゲームキューブ専用コントロー
Excerpt: 時価は2625円にも関わらず、最近では倍以上の値段が付いています。恐らく、スマブラXが発売されたことによって、需要が増えると予測して値段をピンハネしてるんですね。しかし実際は、秋葉原のゲームショップ回..
Weblog: ゲーム 周辺機器の1日
Tracked: 2008-02-02 17:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。