プレステ用 ポケットステーション

 携帯ゲーム機にもなるプレイステーションのメモリーカード
ポケットステーション 】。

ps pocket station.jpg

液晶画面、上下左右の4つのボタンと決定ボタンからなり
通常のプレステ用メモリーカードと同じ
1メガビットの記憶容量で、ブロック数は15。
フラッシュメモリーが使われているので電池は不要だけど
携帯ゲーム機として使用するためには
リチウムコイン電池 CR2032 1個必要。

ポケステのボタン部分は上半分が開くようになっており
プレイステーション本体のメモリーカードコネクタへ
接続する時には、この操作パネルを開いてからつなぐ。
対応ゲームソフトからゲームをダウンロードすれば
携帯ゲーム機になるのは前述のとおり。
「 どこでもいっしょ 」の大ヒットは、まだ記憶に新しい。

 ◎ 最後に一言

 ポケットステーションとは

どちらかと言うと、携帯ゲーム機としての使用が一般的なポケステ。
メモリーカードにもなるから、大きな問題ではないかもしれないが
電池の消耗が早いのと、ヒット作が続かなかったのはマイナス要因。
それでも対応ゲームソフトにお気に入りがあれば、まだ救いはあるかも。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。