ドリキャス用 マイクデバイス

 ドリームキャストの「 シーマン 」に代表される
音声認識を取り入れたゲームソフトに必須の周辺機器
マイクデバイス 】。

dc mic device.jpg

人間の声、言葉の意味をコンピュータに解析させて
音声による指示を行う音声認識の技術が
テレビゲームにも使われはじめました。

ドリームキャストでは、コントローラーの拡張スロットに
マイクデバイスを挿して使用。
プレイヤーが発した言葉を解析、認識して
それに対応したリアクションをとるわけですが
各人の発音の違いや、その場の環境にも左右され
発した言葉とは別の意味に取り違える事もしばしば。

また、ゲームとは言え
テレビに向かっておしゃべりをする姿を人に見られるのを
多少なりと抵抗を感じるのは私だけだろうか?
とにかく、音声認識を使った新しいゲームのアイデア自体は
賞賛に値すると思います。

 ◎ 最後に一言

 マイクデバイスとは

ハッキリと分かりやすい発音を心がけないと
コンピュータに誤解されやすいため、これが問題と言えるが
ゲームと音声認識が融合した新感覚の遊びは、なかなか面白い。
ただし、おしゃべり(独り言)に抵抗の無い人向けか?


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。