ハロー! ドリームキャスト

 セガサターンの後継機として1998年に登場。
ホワイトボディの粋な奴【 ドリームキャスト 】。
価格は29.800円なり。

dream cast hello kitty.jpg

この写真は白い通常版ではなく、ハローキティバージョン。
ピンクのスケルトン仕様がイカス。
この他にも、シーマンバージョンやサクラ大戦バージョンあり。

 4つのコントローラポートを持ち
取り外し可能なモデムを標準で搭載したドリキャス。
インターネットへの接続、そしてネット対戦を実現したゲーム機で
CD−ROMよりも容量の大きい
ドリキャスだけの独自規格、GD−ROMを採用。

そしてセガサターンのマルチコントローラから派生したと思われる
ドリームキャストのコントローラー。

dc hello kitty pad.jpg

アナログ化されたL、Rボタンとアナログスティック
方向ボタンとA、B、X、Y、スタートの各ボタンで構成されています。

ゲームデータは携帯ゲーム機にもなるビジュアルメモリに保存。
1メガビットの記憶容量があり
これをコントローラーに接続して使用します。

 満を持しての登場でしたが
発売時に十分な台数を用意出来なかった事
サードパーティの参入も疎らで
キラーソフトに恵まれなかった事が足を引っ張り
セガは家庭用ゲーム機の製造販売から撤退。
セガ最後のゲームマシンとなったのがドリームキャストです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。