スーパーファミコン Jr.

 天下を取った任天堂の16ビットゲーム機
「 スーパーファミコン 」の弟分が1998年に登場。
そいつの名は【 スーパーファミコン Jr.(ジュニア)
価格は、7.800円なり。

super_famicom_jr.jpg

ジュニア本体とコントローラー1個だけの最小パッケージなので
別途、ファミコン用のACアダプタと
スーファミ、64などと兼用の、AVケーブルが必要。
任天堂ゲーム機の周辺機器は流用できるから
すでに所持していれば何の問題もなし。

スーファミよりも、かなり小さくまとめられ
無駄を排したニューデザインのボディに
カセットのイジェクト機構を廃したコストダウン設計。
コントローラーは、旧型のスーファミと同型で変化なし。
そのため以前と変わらない操作性は健在です。

 価格も抑えられ新規ユーザーなら、当時はお買い得だったゲーム機。
しかし、現在では 多少の差こそあれ、プレミアつきの価格が見受けられる。
コレクターアイテムと化しているのだろうか?
反対に旧型は安値で推移しているから
こだわりがなければ買う必要はないでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。