プレステ用 メモリーカード

 ゲームのデータを記録、保存するための外部メモリー。
1メガビットの容量を持ち、それを15ブロックに分割。
ブロック単位でデータをセーブ、ロードを行う
プレイステーション専用の【 メモリーカード 】。

ps memorycard.jpg

 本体と同色だったメモリーカードも
後にいくつかのカラーバリエーションを追加。
小型で場所をとらず、フラッシュメモリーの採用で電池不要。
2つのメモリーカード間で、データのコピーができ
念のために大事なデータは、バックアップをとるのも容易に行える。

しかし、プレステのメモリーカードへの書き込み(セーブ)と
読み込み(ロード)の速度は、他機種と比べて遅いのが難点。
使用ブロック数の多いゲームでは、特にセーブで時間を要し
プレイヤーのストレスの元となってしまいました。

 ◎ 最後に一言

 メモリーカードとは

プレステでゲームをするなら必需品だったアイテム。
だけど、最大でも15しかデータをセーブできないのは
ゲーム好きには、どう考えても少なすぎる。
複数枚の購入を余儀なくされた人も多かったでしょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。