プレイステーションとは

 1994年の次世代機戦争で、3番目に戦列に加わった【 プレイステーション 】。
価格は39.800円なり。

play_station.jpg

この年に発売された4機種の32ビットCPUゲームマシンの中で
3Dポリゴンの表示能力に一番長けていたのがプレステでした。
当時、アーケードで人気だったリアルタイム3Dのゲームを
高い完成度で再現可能なゲームマシンが登場したのです。
リッジレーサーがその良い例です。

ただし、3D処理に特化した設計なので
従来の2D処理のシステムは搭載せずに、代替機能で再現。
そのためプレステで発売される2Dゲームは
セガサターンと比べると、多少劣っているのも仕方がないかな。

 初期のPS用コントローラーは、こうでした。

ps pad 01.jpg

現在のと比べると、だいぶサッパリしているなぁ。
アナログスティックも、振動機能用のモーターも無いから
今、手に持ってみると すごく軽く感じます。
方向ボタンの操作性が、若干 斜めに入りにくい以外は
扱いやすくて良いコントローラーです。

 サードパーティの参入障壁が低く
多くのゲームソフトを供給することに成功したプレイステーション。
中には他とは違った特色のあるゲームソフトも ちらほら見受けられ
ライトユーザー獲得にも大きな力となります。

また、問屋を介さない新たな流通改革を押し通し
小売店へ直に供給していたのも大きなポイント。
これにより、以前よりもゲームソフトの再販が
スムーズに行われ、良い結果を生んだのでした。

しかし、どこの店も判で押したように定価販売。
これにはソニー・コンピュータ・エンタテインメントによる
独占禁止法違反容疑が絡んできます。
つまり、定価で売るように指導(圧力をかけていた)していた模様です。

 そんな事もありましたが、最終的にスクウェアとエニックスが
大作RPGを引っさげてプレステに寝返ったのをきっかけに
一気に加速し続け、日本でトップの座に就くことに成功。
その後ゲーム業界の王座を長きに渡って守ります。
もちろん世界でも大活躍のプレイステーションでした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。