ゲームボーイ

 ファミコンでブイブイ言わせていた任天堂より
1989年に発売された携帯ゲーム機【 ゲームボーイ 】。
単3乾電池4本使用、価格は12.800円なり。

gameboy.jpg

 製造コストと電池の消耗度を考え、白黒(モノクロ)の液晶を採用。
小さいながらも、カートリッジ式でゲームソフトを供給し
ゲームボーイ以前の携帯ゲーム機とは一線を画します。
画面は見た目が地味でしたが、魅力的なゲームソフトの後押しで普及を続け
日本での携帯ゲーム機市場でダントツの1位を獲得。
据え置き型のファミコンに続いて、快挙を成し遂げた名機といえます。

 また、頑丈な作りが特徴の任天堂のゲーム機ですが
ゲームボーイもその例にもれずタフな奴です。
携帯ゲーム機のユーザーは子供が中心なので
なおさら本体の強度が必要になります。
なにしろ、子供は取り扱いが乱暴なので・・・(泣)。

現在の携帯ゲーム機の基礎となった初代ゲームボーイ。
屋内外で場所を選ばずに活躍したゲーム機でした。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。