ネオジオ用 ファイティングスティックNEO

 アーケードゲームが主流の家庭用ネオジオにおいて
コントロールパッドではなく、ジョイスティックが標準装備でした。

ネオジオ付属のコントローラー(ジョイスティック)は
プラスチックを多用した軽量&ローコストの設計なのに対し
ホリ電機から発売された【 ファイティングスティックNEO 】は
同じくホリ電機の他のファイティングスティックと同様に
底板に鉄板を用い重量を増したタイプです。
実際に価格も1000円ほど違いました。

fighting stick neo.jpg

大きさ、ボタン配置も同じで基本的な部品は流用されていましたが
スティックだけは、太い金属棒が使われており、かなり頑丈な作りです。
「 このスティックを曲げられるものなら曲げてみろ! 」
ホリ電機からハードゲーマーへの挑戦状でしょうか?

 ◎ 最後に一言

 ファイティングスティックNEOとは

機能的には連射機能が付いたオーソドックスなタイプ。
奇抜なアイデアも必要なし、扱いやすさが命とばかりに
スティック、ボタン共々操作性も良く、快適にゲームをプレイできました。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。