スーパースコープは置く場所に困る?

 スーパーファミコンの周辺機器の中でも、ビッグサイズを誇るのが
バズーカ砲の形をした【 スーパースコープ 】です。
単3乾電池6本使用。

sfc super scope.jpg

スーファミ本体に専用のゲームカセットを挿しこみ
受信機のケーブルをコントローラーポート2へ接続。
受信機はテレビの上に乗せ、電源を入れる。
そしてスーパースコープを、テレビ画面に向けて発射ボタンを押せば
シューティングゲームが遊べるという物でした。

 厳密に言えば、ガンシューティングゲームに分類されます。
銃の形をしたコントローラーを使い、画面内の敵を撃つゲームの事です。
まぁ、これは銃ではなくバズーカ砲ですけど。

 使い方は簡単で、スコープ(望遠照準器みたいな?)を覗いて
テレビ画面に映し出されている敵に照準を合わせて撃ちます。
ここで注意する点は、テレビまでの距離かな。
テレビとの距離が近すぎると、テレビ画面を全部見渡せません。
画面全体が見えるように距離を開けてゲームをプレイするのが大事!

 スーパースコープ用のゲームソフトは
スーファミ全体のゲームから見て、一般には馴染みのないもの。
目新しさは抜群でも持続性に欠けていたので
すぐに飽きられてしまい、スーパースコープ共々
「 あ 」っと言う間に市場から消えていったそうな。

 ◎ 最後に一言

 スーパースコープとは

スーファミの周辺機器の中でも短命に終わったアイテム。
対応ソフトの少なさが、それを物語ってます。
もしかしたら、デカくて邪魔になったのも原因の一つかも?


この記事へのコメント
この間箱ありで見ましたがでかいですね困り
Posted by 秋元正之 at 2012年09月21日 03:14
見慣れるとそうでもないかもしれませんが・・・やっぱいでかいです。
Posted by 管理人 at 2012年09月21日 20:25
大きいので邪魔なのももちろんですが
撃つポジションを続けるのがかなり
疲れたことを覚えています。
スコープもとバズーカの位置を維持しなければ
すぐにずれてしまうので、ずっと同じ体勢で
いなきゃいけなかったのが
かなりツラかった、
Posted by きちひい at 2012年11月28日 06:35
ガンコンなどの銃型でも腕を前に伸ばす姿勢を長時間続けるのはキツかったけど
スーパースコープにはガンコンとは違った射撃姿勢ならではのキツさがあったのは確かだと思います。
せめて筋力トレーニングにでもなれば・・・。
Posted by 管理人 at 2012年11月28日 19:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。