メガドライブとは

 ゲーム業界での躍進を果たすべく、1988年にセガから発売された
家庭用ゲーム機初の16ビットCPU搭載機。

金色に輝く16-BITの文字がアクセントになった
全身 黒ずくめのボディが、ほのかに高級感を漂わせていました。

mega_drive.jpg

メーカー希望小売価格 21.000円なり。

テレビとの接続に使う付属のAVケーブルは
音声出力がモノラルでしたが
ヘッドフォン端子はステレオでの音声出力が可能で
専用のボリュームも装備しています。

 コントローラーは、これまでのゲーム機のものより大柄の3ボタン型。

md pad.jpg

方向ボタンの操作性は、マークIII時代からの因縁か?
相変わらず 斜めに入りやすく「 悪い 」としか言いようがないです。

仕方ないので、改善と称してコントローラーを分解し
方向ボタンの内側を、ヤスリで削って加工したのですが
手間取った割には、思ったほど効果がなかったのでした。

 さて、これまでのセガのゲーム機とは違い
サードパーティの参加により、多くの秀逸なゲームを排出。
と同時に、苦笑しそうなイロモノなどの変わったゲームも続出しました。
個性的なゲームが多かったので
見て、聞いて、触れて楽しいゲームの宝庫でもありました。
どちらかと言えば、アクションやシューティングなどを中心に
マニア好みのソフトラインナップが多く
ライトユーザー受けするゲームソフトが少なかったのが欠点でしたね。

 日本国内では、マイナーなゲーム機であり
一部の人たちに圧倒的な支持を得ただけで
業界トップの座に君臨する夢は叶いませんでした。
しかし、アメリカ市場では
任天堂やその他のライバルを差し置いて大ヒット!
シェアの半数を確保して、好調な業績をあげました。

そんなメガドライブのゲームですが
任天堂のWiiでは、バーチャルコンソールで
ゲームをダウンロードできますので
お持ちの方は、是非遊んでみてください。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。