ファミコン用ジョイスティック連射付き

 ファミコンゲームをプレイするアイテムとして
いくつものコントローラーがあります。

手に持って使う パッドが多いですが
テーブルなどに置いて使う ジョイスティックも
少ないながらも発売されていました。

そして 今回ご紹介するジョイスティックは
なんと! 連射機能付きです。
高橋名人も確実に顔面蒼白になるであろう、鬼のような連射!
連射必須のファミコンゲームで活躍が期待できますね。

 【 アスキースティックII ターボ

fc ascii stick2.jpg

ターボとは連射機能のことです。
本来は別の意味なんですけどね、そう、車関係です。

 黒光りする落ち着いた雰囲気を醸し出すボディは
実は プラスチックで出来ているんです。
素人考えだと 金属製よりも強度が落ちるんじゃないかと
心配してしまいますが、案外 大丈夫でした。

まぁ、よほど手荒に扱えば、話は別ですが。

Bボタンの左にあるボタンを回して、連射スピードを調整します。
「 押したらあきまへん、回すんでっせぇ 」。
回した量に応じて、連続可変で変更可能です。

だから、特別にスゴイってわけでもありませんが
これは そういう作りになってるってことです。

連射が出来たところで
ジョイスティック特有の操作感が、改善されるはずもなし。
これは持論ですが、ファミコンゲームにジョイスティックは不要だと思います。
コンマ何秒の絶妙かつ、繊細なボタンの操作タイミイングを
再現するには、純正のコントロールパッドの方が扱いやすい!!

 ◎ 最後に一言

 アスキースティックII ターボとは

ゲームの攻略よりもゲームの雰囲気を楽しむ物。
これくらいに思っておいたほうが無難。
あくまでも、ゲームセンターでプレイする気分を楽しむためのアイテム。

でも、この雰囲気も大事だと思うんですけどね。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。