AV仕様 ニューファミコン

 1993年に発売された任天堂のニューファミコン。

初代ファミコンから10年の時を経て、改良型(廉価版)の
ニューファミコンが、デザインも一新 お値段も約半分になって登場しました。

famicom av.jpg

 主な改良点は

AV仕様となり、テレビのRCA端子(ピンジャック)に
ビデオケーブルをつなぐ方式に変更。
初代ファミコンで見受けられた、テレビ画面のノイズから開放され画質が向上しました。

カセットのイジェクト機構の廃止。
コストダウンのため、こちらも撤去されました。
抜く時も手で、ガシッと引っこ抜きます。

コントローラーが着脱式になった。
すでに多機種はこの方式になっており、これに倣ったのも当然でしょう。

コントローラーのマイクを撤去。
これにより一部のゲームで裏技が使用不可となってしまいました。

fc av pad.jpg

I コンと II コンの区別は無く、丸みを帯びたコントローラーの形状と
斜めに配置された A、B ボタン。

 個人的な好みで言わせてもらえば
右肩上がりの A、B ボタンの配置は好きじゃありません。
何故なら自分の場合、ファミコンの、特にアクションゲームをプレイする時は
両方のボタンに並行して親指を置いて操作するため
この配置だと、コントローラーか指(腕)のどちらかを
斜めにしないと操作しづらくなるからです。

些細なことだけど、多少やりにくさを感じますよ。

昔ながらのプレイスタイルが若干崩れはしますが
それ以外では なんら問題もありません、上出来です。

 RF出力しかない初代ファミコンと比較して
テレビとの接続のしやすさ、画質の良さなど洗練されたマシンとなりました。
もちろん、ディスクシステムを接続しても ちゃんと使えます。
ただ、コントローラーを接続するとディスクカードの入れ替えの邪魔になりがち。

fc av + disk.jpg

ディスクシステムの横に置くか、あるいは斜めに乗せるか。
使う側の ちょっとした工夫が必要なようです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。