正統進化型? アスキーグリップX2

 まるでアスキーの使命であるかのように
世に送り出し続けた片手コントローラが
ついにアナログ入力のスティックになって再登場。
振動機能まで搭載させた【 アスキーグリップX2 】。

ps2 ascii grip v2.jpg

 ボタン配列は前作のアスキーグリップXと同じで
背面(裏側)に、○、×ボタン。
天面には、右利き左利き両対応を可能にした左右二対の□、△ボタンと
L1、L2、R1、R2ボタンに、スタートとセレクトボタン。
ここまでは先代を踏襲した作りになってます。

V2ではアナログスティックの採用により、それに付随する機能が増加。
なお、普通のデュアルショック2などのコントローラと共通の機能もあります。

1、アナログモードスイッチで、アナログとデジタルの切り替え。
2、スティックモードボタン(写真上部の白い半丸型のボタン)は
  押すたびにスティックが3つのモードに変更されます。
  モードD=方向ボタン、モードL=左スティック、モードR=右スティック。
  この順番にに切り替えることで1本のスティックを使い分けます。
3、スティックを押下すると、デジタルモードでは ○ボタン。
  アナログモードでは、モードLでL3ボタン、モードRでR3ボタンになります。

 ボタン等の操作性はVと同等で
快適なアナログスティック操作がV2のセールスポイント。
また、手に持った感じは悪くはないんだけど
Vにあった背面のラバーが撤去され、滑り止め効果が無くなっており
この点はちょっと惜しい気がします。

 それと、プレイステーション2の
デュアルショック2専用ゲームソフトでは
正常に動作しない場合もあるようなので注意しよう。 

 ◎ 最後に一言

 アスキーグリップV2とは

先代のアスキーグリップVのアナログスティック版で
アナログ入力のゲームに対応した功績は大きいと言えます。
すばやい入力を必要としない、ロープレやシミュレーションなどのゲームを
片手だけで遊びたい人にとっては貴重なアイテムに成りえる素質十分。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。